野球のトレーニング大全集

少年野球から草野球まで野球のトレーニングとトレーニンググッズを紹介していきます。

EMSは本当に筋トレ効果があるのか?

 

 

f:id:baseball-birthday:20170331165252j:plain

最近、筋トレ効果があると言われていいるEMS(Electrical Muscle Stimulation)がテレビや通信販売などで安価な物は数千円より、高い物は数十万円の業務用まで沢山のものが販売されています

 

安い物、高い物、基本的な原理は殆ど同じでプログラムが着いているとか、身体の部分に装着しやすいかの違いが価格の違いとなっています。

 

では、本当にEMSで筋力トレーニングと同等の効果があるのでしょうか?

 

人間が筋肉を動かすときには脳から命令によって微弱な信号が神経を通じて筋肉に伝わるのを、EMSによって機械的にそれを行い、強制的に筋肉を動かして運動を行うのが原理です。

 

しかし、EMSは安全のために電流自体はそれほど強い電流ではなく野球などのスポーツを行うときのように強い収縮は起こりません。

 

そんなに強い電流を外から流したら逆に危険ですし、身体の深部のコアマッスルの筋肉を動かすは出来ません。

 

また、スポーツのトレーニングとしては筋力トレーニング目的として、筋肉を鍛えるのも大事なのですが、筋肉と脳の間にある神経を鍛えて自分の身体を思うように動かすのもトレーニングですので、自分の脳からの信号ではなく、電気信号によって筋肉を動かすEMSには筋トレと同等の効果は期待できません

 

ではEMSは無意味なトレーニングマシンなのか?

表面的な筋肉には作用するので、腹筋などには、悪くないと言われています。少しでも筋肉を動かすわけですから、ダイエット効果などはあるでしょう。

 

EMSを悪く書いてしまいましたが、アスリートとしてEMSを筋トレの補助として使う賢い利用法があります

アスリートが利用出来る利用法として、自分が筋トレで意識しずらい筋肉をトレーニング前にEMSで刺激して、その後に目的の筋肉のトレーニングを行えばより筋肉に刺激が入りトレーニングが効果的に出来る利用法があります。

 

例えばスクワットの際に内転筋を上手く使えないとしたら、トレーニング前に内転筋をEMS刺激した後に、スクワットを行えばより、トレーン具が効果的な物となると思います。