読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球のトレーニング大全集

少年野球から草野球まで野球のトレーニングとトレーニンググッズを紹介していきます。

筋肉の遺伝子検査で自分の野球の才能をチェック!

f:id:baseball-birthday:20170405181457j:plain

野球を始めスポーツのトレーニングを始める前に自分がどの様なトレーニングが合っているのか、どんなポジションが合っているのか本当に悩みますよね?

他のチームメイトと同じ事をしているのにある選手は効果があるのに、全く効果がない人もいるのは、自分の遺伝子とかみ合わないトレーニングをしているのかも知れません。

自分の生まれ持った体質を知った上でのトレーニングを行う方がトレーニング効率も良くなりますし、自分の向いているポジション・ダイエットなども分かることがあるかも知れません。

筋肉のタイプは大きく分けて3種類あります。遅筋(白筋)、速筋(赤筋)のどちらかが割合が多く、遅筋の多い人は速筋を鍛えてもトレーニング効果が出にくく、筋肉が多くなりにくい事が多いと言われています。

1.速筋型(白筋)型 R/Rg型
2.両筋バランス型 R/X型
 3.遅筋(赤筋)型 X/X型

速筋の老い人はスプリント系競技、遅筋の多い人はマラソンなど長距離型競技と言われています。 野球は両筋バランス型のR/X型の人が向いていますがトレーニング方法を変えることによって野球に向いていない筋肉の人でも野球に向いたトレーニングを行う事が出来ます。

ACTN3遺伝子検査

1.速筋型 :速筋の割合が多く瞬発禄を要する運動に向いています。α-アクチニン3が最も多く存在しています。瞬発力が必要な陸上競技などに向いています。

2.両筋バランス型:速筋と遅筋のバランスが摂れているタイプです・野球。サッカー。テニスなどのスポーツに向いています。

3.遅筋型: α-アクチニンが存在しないため遅筋繊維の割合が多き、持久力が必要なマラソン、トライアスロンなどの運動に適しています。

ACE遺伝子

1.血管拡張型(I/I型)

筋肉に酸素を送り届ける能力が高いタイプです。持久系の運動につよく登山家に多いタイプです。

2.血管拡張/収縮収縮バランス型(I/D型)
筋肉h酸素を届ける能力は標準的ですが持久力のトレーニング効果が出やすいタイプです。
3.血管収縮型(D/D型)

筋肉へ酸素や栄養を瞬間的に届ける能力が優れており瞬発力があるタイプですが、トレーニング効果が他のタイプより低いのが特徴です。

PPARGC1A遺伝子

筋肉内のミトコンドリアの合成や機能の中心的な役割をしている PGC-1aの遺伝子の活性を調べます。活性のあるタイプのが多くのエネルギーを必要とする運動に向いています。

1.ミトコンドリア高増殖型(G/G型)

ミトコンドリアの増殖能力が高いので持久系の運動が得意です。運動や食事のコントロールでミトコンドリアは増えやすいタイプ。

2.ミトコンドリア標準増殖方(G/S型)

ミトコンドリアの増殖は標準的、運動や食事のコントロールでミトコンドリアは増えやすいタイプ。

3.ミトコンドリア低増殖型(S/S型)

ミトコンドリアの増殖能力が他のタイプより低いので、エネルギー生産も低い。日常的なトレーニングがが必要です。

f:id:baseball-birthday:20170405184711j:plain

 

この2つ遺伝子を口の中に綿棒を入れて粘膜を採取するだけで簡単に行えます。痛みは全くありません。

検査結果を基に、「エクササイズ体質」「タイプ別運動評価」「瞬発力・持久力を高めるアドバイス」などの運動アドバイスが届きます。

 

f:id:baseball-birthday:20170405184847j:plain

 

 

わずか 2~3週間で結果レポートが届きます!ここから詳しい情報が分かります↓

わずか7,000円で出来るのでお子さんのスポーツ能力の把握にはとても良いと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

自宅でできる気軽に使える野球トレーニング用品は?

練習に使える、人気の野球トレーニンググッツ

野球の練習の際には、科学的根拠に基づいた効率的な練習方法を採り入れて練習効果を高める動きが高まってきています。

こうした中で、普段の練習に取り入れられるトレーニンググッツにも人気が集まっています。ここでは、比較的気軽に始められる人気のトレーニンググッツについてご紹介します。


一つめは、RPM Sports NSD パワーボール です。こういう、手首を鍛えるグッツは前からありましたが、最近はパワーアップして、カウンターが付いていたり、最高回転数が計れ、なおかつLEDが光りどのくらいの回転数なのか、光の色とカウンターで分かる仕組みになっているので、持っていてもとってもクールな感じです。

オートスタート機能、電源は回転によって発電してバッテリーに蓄電するのでとても便利!!

カッコ良くて欲しくなりました!!

 


もう一つは股関節・体幹部強化ボードの「レッグコアー900」です。オレンジ色のバーのような物ですが、足元が不安定な傾斜アーチ部分に立って、トレーニングを行うことで、普段は使っていないコアマッスルや、小さい筋肉に負荷をかけることができます。

 

股関節や体幹部を使ってバランスを取ることで、野球の軸足を強化したり、バランスを強化する効果が期待できるとされています。

自宅にもおけますし手軽にトレーニングをすることができ、ストレッチウォームアップから実際のバッテイング、ピッチングなど実践的な軸足強化など、工夫をすればバリエーション豊かな使い方をすることができます。

 


最後は、インサイドアウトスイングの練習を効率的に行うことができる「モンスタースラッガー」です。コレも昔からあるスタイルですが、一番の特徴は最短距離で振れなかった場合や脇が開いてヘッドが下がっている場合、インサイドアウトのスイングが出来なかった場合は場合は、インパクト音が早く鳴るので自分がしっかりスイングが出来ているのか、見極めることがでいる便利グッツです。

 

もちろん少年野球用のサイズもありますので安心です!